わたしはらっきょうの甘酢漬け大好物なのですが、いつも思っていたことがひとつあります。それは、「この漬け汁は再利用できないのか? 」ということです。

だって、この漬け汁にはらっきょうの風味だけではなく、便秘解消に効果的と言われている「ラッキョウフルクタン」という食物繊維が溶けこんでいるんですから。このまま捨てちゃうなんてもったいないです(´Д`。)

スポンサードリンク


ということで今回は、「らっきょう酢(漬け汁)の再利用方法」についてのアイデアをたくさん集めてみました!

じっくりリサーチしてみたら、思っている以上にたくさんのアイデアが見つかりました。この記事を参考に、らっきょう酢をかしこく再利用しちゃいましょうヽ(*´∀`)ノ

らっきょう酢(つけ汁)の再利用アイデア集


さぁ、それだはどんどんご紹介していきましょう!まずは、らっきょうと同じ使い方である漬け込む系のアイデアからです。

漬ける系


らっきょう 酢 再利用
● ピクルス

にんじんやセロリ、パプリカなど色鮮やかな野菜をらっきょう酢に漬け込めば、手軽にピクルスを作ることができます。お好みの大きさにカットした野菜を軽くボイルして、つけ汁に漬けて冷蔵庫に入れるだけで完成です。

きゅうりをピクルスにして、サンドイッチの具材にするのが人気の模様。独特のらっきょう風味がハムやチーズとすてきなハーモニーを奏でてくれるようです。おしゃれな瓶に入れて見た目も楽しみましょう。

● オニオンスライス

薄くスライスした玉ねぎを漬け込めば、手軽においしくいただくことができます。新玉ねぎならそのまま、普通の玉ねぎなら数分間水にさらしておくと辛味が抑えられて食べやすくなりますよ。冷蔵庫で一晩寝かせておけば、翌日には食べられるでしょう。レッドオニオンを使えば見た目も鮮やかになりますよ!

● 生姜の酢漬け

らっきょう酢はしょうがとの相性も抜群。薄くスライスして、鷹の爪と一緒に漬けておけば箸休めにぴったりです。夏バテする時期には特におすすめ。常備菜として保存しておくと良いでしょう。

● 酢の物

いつもの酢の物に使うお酢をらっきょう酢にかえると、ひと味違った酢の物にグレードアップ。らっきょう酢はもとも甘いので、そのまま使えるのでお手軽です。わかめやタコの酢の物などには最適かと。

● 南蛮漬け

らっきょう酢はお魚との相性もばっちり。あじ・鮭・たらなどを使って南蛮漬けを作るのがわたしのおすすめです。ちょっと手間はかかりますが、ごはんが止まらなくなる一品となるでしょう。

煮る系


らっきょう酢は煮物に再利用すると面白い味に仕上がります。しっかり火を通すので、そのまま使うのに抵抗がある人にもおすすめですよ(´・∀・)ノ゚

● 肉じゃが

甘いイメージの肉じゃがですが、らっきょう酢を加えて煮込むことでさっぱりとした味わいになります。お酢にはお肉をやわらかくする効果があるので、いっしょに煮込んだお肉もおいしくなりますよ~♪

● 手羽元の煮付け

手羽元はもともと「さっぱり煮」のようなお酢を使ったレシピが定番ですので、そのままらっきょう酢を使うことができます。先程お伝えした通り、お肉がやわらかくなるのでとっても食べやすく仕上がりますよ。

● いわしの梅煮

新鮮ないわしが手に入ったら、手軽に作れる梅煮なんていかがでしょうか。下処理したイワシをお鍋に並べてらっきょう酢を注ぎ、梅干しをちょこんとのせて火にかけましょう。料理酒とおしょうゆで味を整えて、じっくり煮込めば完成です。にんにくやしょうが、お好みで鷹の爪を加えてもおいしいですよ!

● カレー

煮物ではないのですが、カレーにそのまま入れるという使い方もあります。ある意味一番お手軽な再利用ですね。味が良くなるのは言うまでもありません。カレーとらっきょうは最強コンビですから。

スポンサードリンク

その他


らっきょう酢は漬ける・煮る以外の再利用方法もたくさんあります。この項では主に調味料的な使い方についてまとめてみました(*・∀-)☆

● ポテトサラダ

誰からも愛されるポテトサラダの隠し味としてらっきょう酢を使います。らっきょう好きには喜ばれる味に仕上がりますが、入れすぎると子供にはちょっと嫌がられるかもしれません。少しずつ味見をしながらバランスを整えるのがポイントです。

● タルタルソース

いつものタルタルソースにらっきょう風味をプラス。ちょっとだけ奥深い味わいになりますよ。らっきょうが残っていたらそのままみじん切りにしてタルタルソースの具にしてしまいましょう。玉ねぎとは違った食感が楽しめます♪

● 酢味噌

お味噌とらっきょう酢を混ぜるだけの簡単酢味噌。もともと甘いので砂糖もほとんど加えなくてOKです。春の山菜を酢味噌和えでいただくのはいかがですか(●´艸`)

● 甘酢あん

らっきょう酢にケチャップ・醤油を合わてひと煮立ちさせ、水溶き片栗粉でとろみをつければおいしい甘酢あんの完成です。鶏の唐揚げ(油淋鶏)にかけても良いですし、酢豚に応用しても良いでしょう。中華料理には使いやすいですね。

● ドレッシング

らっきょう酢をドレッシングの材料に使うと、簡単にらっきょうドレッシングの完成です。基本的には混ぜるだけなので手軽に作れますよ♪

● そうめんつゆ

これはネットで見つけた使い方なんですが、なんとそうめんつゆに入れていただくそうです。薬味は大葉とわさびとのこと。気になった人は今年の夏ぜひチャレンジしてみてください!

らっきょうの漬け汁には食物繊維が!


冒頭でもちょこっと触れましたが、らっきょうには含まれる「ラッキョウフルクタン」という食物繊維は水溶性なので、漬け汁の方にもたくさん含まれています。

このフルクタンという物質は、腸内の善玉菌のエサになるので、腸内環境を整える効果が期待できます。便秘にお悩みの方には強い味方というわけです。

らっきょうの効果についてはこちらの記事に詳しくまとめているので、合わせてお読みいただけるとうれしいです!

参考記事:らっきょうの効果・効能についてわかりやすく解説!

ひとこと。


おつかれさまでした!それにしても、これだけ再利用する方法がたくさんあると、今まで捨ててきたのがもったいなく思えまてきますね。もっと早く調べておくべきでした…。

あなたもらっきょう酢を使って、おいしいお料理をたくさん作ってくださいね。再利用バンザイヽ(*´∀`)ノ


スポンサードリンク