今回は、何度洗っても臭い服の対処法をいくつか紹介していきますね^^

洗濯物を干す時や取り込む時、「洗ったはずなのに何か臭い!」といった経験はありませんか?

洗剤を使って洗っているのに、何度洗っても臭い服になってしまうのって不思議ですよね!

しつこい生乾き臭に悩まされている人も多いはずです。

スポンサードリンク


このしつこい臭いには原因があって、「雑菌」と皮脂などの「汚れ残り」がしつこい生乾き臭を生んでいます。

この嫌な臭いを落とすには、お湯を使って酸素系漂白剤で洗濯するのが効果的です(´・∀・)ノ゚

本文では、何度洗っても臭くなる原因と予防法についても解説しているので、ぜひ参考にしてみて下さい(*・∀-)☆

何度洗っても臭い服の生乾き臭の落とし方を紹介!



それでは、生乾き臭の落とし方を解説していきますね。

何度洗っても臭い服は臭いの程度によって、方法を変えて試すのがベストだと思います!

手軽に試せる方法から順に紹介していきますので、是非、試してみて下さい♪

お湯で洗う


特別な洗剤も何も使わないの!?と驚いたかもしれませんが、まずはシンプルにお湯で洗うという落とし方を試してみましょう。

先程お伝えした通り、何度洗っても臭い服の臭いには「雑菌」「汚れ残り」という原因があります。

これを同時に落とせるのがお湯洗いなんです^^

やり方は簡単で、いつもの洗濯機に40℃くらいのお湯を入れて洗うだけです。

この温度のお湯を使うことで雑菌や皮脂などの汚れ残りを洗い落とすことが出来る可能性があります。

ただし、熱ければ熱いほど良いという訳ではありません。

というのも、50℃近い温度になると汚れの成分によっては固まってしまうことがあるので注意が必要です。

また、高すぎる温度は衣類を傷めてしまう原因にもなるので、40℃前後を目安に洗いましょう。

目安てしては、ちょっと熱めのお風呂くらいです!

スチームアイロンを使う


生乾き臭の原因である雑菌は、熱に弱い性質があります。

高温の蒸気を発生させるスチームアイロンを使うことで、直接的に除菌することがですます♪

スチームアイロンを使う時のポイントは、まんべんなく丁寧にアイロンを当てることです!

ただ、臭いの原因が皮脂だった場合は時間が経つと臭い戻りをしてしまう可能性があります。

その場合は次の方法をお試しください!

重曹を使う


しつこい臭いの原因が皮脂だった場合は重曹が活躍します^^

重曹はアルカリ性なので、皮脂など酸性の汚れを中和して溶かしたり、黄ばみなどを抑える効果も期待できます。

こちらも40℃くらいのお湯をバケツに準備したら、小さじ1程度の重曹を入れて軽く混ぜて溶かします。

重曹もお湯を使うことで効果が高まるので、お水ではなく必ずお湯を使ってくださいね!

その中に衣類を30分ほど浸け置きして、あとは洗濯機の普通洗いでOKです♪

手荒れが気になる時は、ゴム手袋も忘れずに。

酸素系漂白剤を使う


お湯洗いでも、スチームアイロンでも効果が薄ければ、いよいよ漂白剤の出番です。

しつこい生乾き臭には、酸素系漂白剤が活躍します。

ドラッグストアやスーパーに置いてある「ワイドハイター」が代表的ですね。

created by Rinker
ワイドハイター
¥397 (2021/09/21 11:57:07時点 Amazon調べ-詳細)


40℃くらいのお湯をバケツに準備して、酸素系漂白剤を適量入れたらその中に服を30分ほど浸け置きしておきます。

その後は、通常通り洗濯機で洗ってOKです♪

注意点として、お水よりもお湯を使うこと。

酸素系漂白剤を溶かすのにお湯が効果的なのですが、それだけでなく皮脂汚れの分解にも効果が高いので、お水ではなく必ずお湯を使うようにしてください!

ちなみに、ワイドハイターじゃなく粉末の「過炭酸ナトリウム」でも大丈夫です♪

スポンサードリンク

何度洗っても臭い服の原因をわかりやすく解説!


そもそも、洗剤を使ってきちんと洗っているのに臭いが残っているのって不思議ですよね。

ここでは、何度洗っても臭い服になってしまう原因について解説します!

繰り返しになりますが、臭いが発生する原因としては、「雑菌」「汚れ残り」の2つがあります。

菌は、温度・湿度・エサの条件が整うと増殖を始めますが、その菌のエサになるのが皮脂などの衣類に残った汚れなんです。

皮脂やタンパク汚れなどは、菌が最も好むエサなんですね~(´Д`。)

もし温度や湿度が高い状態で衣類に皮脂などの汚れ残りがあると、菌にとっては最高の増殖環境ができあがり、衣類に定着しやすくなってしまいます。

そして、衣類に定着した菌は通常の洗濯では落ちにくく、これが何度洗っても臭い服になってしまう原因となります。

何度洗っても臭い服にならないための予防法を紹介!



何度洗って臭い服になる原因がわかったところで、次は予防法をみていきましょう!

もちろん「抗菌」や「消臭」と書かれた洗剤を使うことも大切ですが、それ以外にもいくつかポイントに分けて説明していきますね^^

洗濯槽を清潔に


基本中の基本ですが、洗濯槽は定期的に洗浄しましょう。

洗濯槽に潜むカビ菌は、衣類に移ってしまうと汗や皮脂をエサに増殖してしまいます。

洗濯槽自体が不衛生だと、いくら良い洗剤を使っても効果はありません。

定期的な洗濯槽の掃除を心がけて下さいね!

目安としては、1ヶ月ごとに塩素系と酸素系を交互に行うと効果的です^^

乾燥機で乾かす


もし洗濯機に乾燥機能があれば、洗濯後すぐに乾燥させてしまいましょう。

家庭用乾燥機でも、高温で乾燥させることで菌を死滅させることができます!

また、洗濯後に乾燥機をかけることで、洗濯槽の中に潜む菌の増殖も防ぐことができるので一石二鳥です^^

もちろんコインランドリーでの乾燥も衣類の臭い防止には効果的です♪

洗濯後はすぐに干す


乾燥機が家にない場合は、とにかく洗濯後すぐに干すことを意識しましょう。

洗った物を放置しておく時間が長いほど、菌が増殖する時間が長くなります。

温度や湿度などの菌の繁殖条件を減らすことが、衣類への臭い残りを減らします!

洗濯が終わったら、すぐに干すように意識して下さいね^^

まとめ


以上、何度洗っても臭い服の対処法・原因・予防法についてお届けしました!

一度衣類に臭いが残ってしまうと、普通の洗濯だけではなかなか落とすことはできません。

対処法としては、
  • 40℃くらいのお湯で洗う
  • スチームアイロンを使う
  • 重曹につけてから洗う
  • 酸素系漂白剤で漂白除菌する
  • などがあります(´・∀・)ノ゚

    臭いの程度によって使い分けることができればバッチリですね♪

    ただ、日頃から服に臭いを残さないよう意識することも大切です。

    洗濯槽を定期的に掃除したり、洗濯後にすぐ干すなどの予防法も意識してみてくださいね。

    臭いはつけないにこしたことはありません^^


    スポンサードリンク