この記事では、乾燥椎茸の賞味期限切れについてお伝えします♪

賞味期限が長く、お料理でも大活躍の乾燥椎茸は日持ちするからこそいつの間にか忘れてしまい、ある日突然棚の奥から出てくることがあります。

せっかくだから無駄にしたくないと思い賞味期限を確認すると、すでに切れていることもしばしば。

そんな場合、このまま料理に使っていいのか悩むものです(´Д`。)

実は、賞味期限が切れた乾燥椎茸は保存状態が良く、見た目や香りに異常が無ければある程度は食べることが出来るんです^^

カビが生えていたり、変色した部分があれば迷わず処分するべきですが、保存状態によってはそのまま使うことも可能ですよ♪

また、賞味期限切れの乾燥椎茸が食べられる判断基準について詳しく解説していきます!

具体的にどれくらい期限が切れたものは食べても大丈夫なのか、賞味期限と消費期限の違いについても書いていますので、ぜひ最後までチェックして下さいね(*・∀-)☆

スポンサードリンク

乾燥椎茸の賞味期限切れは食べられる?



すでにお伝えしましたが、賞味期限が切れた乾燥椎茸でも、未開封で保存状態が良いものであれば、多くの場合は食べることができますよ^^

その理由は、乾燥椎茸の製造の過程にあります。

食品が腐ってしまうのは、空気や湿気に触れることが原因の多くを占めています。

乾燥椎茸は製造の過程で腐る原因となる水分をしっかり飛ばし、袋に詰める時には乾燥剤を入れて密閉します。

食品が劣化する原因となる空気や湿気をシャットアウトしているわけですね!

なので、高温多湿の場所を避けてちゃんと保管していれば、少しくらい賞味期限が切れた乾燥椎茸も食べることが出来るんです♪

日数が経ってしまっているので、さすがに多少風味などは落ちてしまいますが、それさえ気にしなければ十分食べられます。

とは言っても、乾燥椎茸は体の中に取り入れる食品。ノーチェックで使うのは少し待ってください。

実際にお料理に使う前に、
  • 表面にカビが生えていないか
  • 匂いに異常がないかどうか
  • くらいはしっかり確認するようにしましょう(`・ω・´)ノ

    さて、ここで注意しておきたいのは、見つかった乾燥椎茸が「開封済み」だった場合です。

    開封済みの賞味期限切れについては、処分することをおすすめします

    一度開封してしまうと空気や湿気に触れてしまいます。特に湿気は乾燥椎茸に限らず乾物にとっては大敵です。

    保存状態が悪いと湿気によって乾燥椎茸にカビが生えてしまう可能性があります。

    どうして使いたい場合は、手に取って湿気た感じがないかを確認してみてください!

    少しでも「ちょっと怪しいな…」と感じたら、食べるのをやめて捨てるようにしましょう。

    あと、開封済みの乾燥椎茸は1ヶ月を目安に使い切るのが基本です。

    開封後も賞味期限を過ぎていないからと言って手放しで安心はできません。

    開封からそれなりに時間が経っている場合は、賞味期限無いでも異常が無いかしっかり確認してから使うようにしましょう。(何年も過ぎているものはダメですよ!)

    一般的にどれくらいまで食べられている?


    少しくらい賞味期限が切れていても食べられる乾燥椎茸ですが、具体的にどれくらいまでだったら食べられるのでしょうか。

    ネットでどんな感じなんだろうと調べてみたところ、1ヶ月〜半年程度の賞味期限切れなら、食べられているようでした(保存状態が良いものです)。

    実は私も、半年ほど賞味期限が過ぎたもの実際に使った経験があります( ´ ▽ ` )ノ

    見た目や香りに異常が無かったので、料理だけでなくお出汁を取るのにも使ってみました!

    美味しく食べることができましたし、体調が悪くなったりもしませんでしたよ♪

    ちなみに、賞味期限切れの乾燥椎茸を使った人の中には、3年過ぎたものを料理に使っている人もいました。

    かなりの猛者ですヽ(゚Д゚*)ノ

    さすがに味や風味の感じ方は劣るようですが、その後の体調も問題なかったようです。

    あまり真似したくはないですが、そういう人もいるという参考になれば嬉しいです^^

    ※ 賞味期限切れを食べようと推奨しているわけではありませんのであしからず!

    スポンサードリンク

    乾燥椎茸が食べられない場合の見分け方



    日持ちしやすい乾燥椎茸でも、食べられない場合があることも忘れてはいけません!

    いくつか注意しておきたい点もあるので、ここからは賞味期限が切れた乾燥椎茸が食べられるかどうかの見分け方について説明していきます^^

    乾燥椎茸を見て確認して欲しいのは以下の3つの点です。
    ① カビが生えていないか

    ② 虫がいないか(虫がいなくても、フンらしきものはないか)

    ③ 乾燥椎茸の笠の裏側が変色していないか
    この3つです(`・ω・´)ノ

    未開封であれば①と②に関しては、ほとんど心配ありませんが、開封してしまうと湿気や空気に触れるので注意したいポイントです。

    開封済みの状態でこのような状態を見つけたら、迷わずに処分しましょう(食べる人はいないと思いますが…)。

    また、③については、食べられない状態というよりは、乾燥椎茸自体が劣化してしまっているので、風味や味が落ちてしまっている可能性が高いです。

    美味しく料理を食べたいなら、出来れば避けたほうが良いでしょう。

    賞味期限と消費期限の違いについて


    最後に賞味期限と消費期限の違いについて補足しておきますね!

    ほとんどの食品に記載されている賞味期限や消費期限ですが、そもそもこの違いは何なのでしょうか。

    簡単にお伝えすると、
    賞味期限は「美味しく食べることがきる期間」のことを意味し、消費期限は「安心して食べられる期間」のことを意味しています。
    牛乳などの品質の劣化が早いものは「消費期限」が記載され、乾燥椎茸のように日持ちするようなものは「賞味期限」が記載されるんです。

    賞味期限が切れるということは、美味しく食べられる期間が終わってしまうということなので、全く食べられなくなってしまう訳ではありません。

    味は多少落ちてしまいますが、異常さえなければ食べることが出来ます。

    ここで一つ補足しておきたいのは、賞味期限も消費期限もあくまで「未開封」の場合の期限であることを忘れ無いようにして下さいね!

    開封した時点で、食品は空気や湿気に触れることになります。

    どんな食品にも書いてありますが、開封後はできる限り早めに食べてしまう方が安心ですね♪

    まとめ


    以上、乾燥椎茸の賞味期限切れについてお伝えしました^^

    乾燥椎茸は保存状態がきちんとしていれば、少しくらい賞味期限が切れていても問題なく食べることができます!

    ただし、基本は未開封であること。開封済みのものは不安が残るので処分することをおすすめします。

    また、念のため食べる前には異常が無いか確認するのを忘れないで下さい。

    少しでもおかしいなと感じたら、食べるのをやめて捨てるようにしてくださいね!

    繰り返しますが、わたしは別に賞味期限切れを食べることをおすすめしているわけではありません。

    「もったいないのでどうしても使いたい!」という場合の参考にしていただければ嬉しいです(*´ε` *)


    スポンサードリンク