天然成分で安全な虫除けスプレーの
材料として人気の高い「ハッカ油」

たしかに人間にとっては有益な物質ですが、
猫にとっては実はかなり危険な代物です。

虫除け効果を期待して、猫ちゃんに直接つける
なんてことは命に関わる危険な行為なんです!

ということで今回は、

「ハッカ油が猫に危険な理由」

について詳しくお伝えします!

お家に猫がいる場合は、かなり注意が必要ですよ(`・ω・´)ノ


スポンサードリンク

要注意!ハッカ油は猫にとっては毒になります。


冒頭で触れた通り、ハッカ油は猫にとって、
命に関わるような危険な物質なんですね。

正確に言うと、ハッカ油だけではなく、
「精油」というものが危険なんです(´ー`A;)


ハッカ油は、難しく言うと「植物性の脂溶性化学物質」という
分類になるんですが、これは体内で分解しないと毒になります。

人間や犬は、もともとこの物質を分解する
酵素を体内(肝臓)に持っているので平気なんです!


一方猫の肝臓は、この解毒作用のある酵素、

「グルクロン酸転移酵素」

を十分に作り出すことが出来ないんですね。


これは、遺伝的なものでどうしようもありません。
猫が肉食動物であることから来ているんですね。

01

なので、植物性の脂溶性化学物質を分解できないのです。


つまり、体内に有害成分がどんどん溜まっていき、
いつかは肝機能障害を起こしてしまうと言うわけです。


しかもややこしいことに、この中毒症状は、
猫によって発症期間にバラつきがあるです。

なので、一見平気そうに見えるところに危険があります。

平気そうに見えても確実に毒素は蓄積してるので、
猫がいる前ではハッカ油は使わないようにしましょう!


スポンサードリンク

アロマ、ペット用の虫除けも注意が必要です。


さて、ハッカ油が危険ということは
何となくご理解いただけたかと思います。

が、危険なのはハッカ油だけではありません。
はい、精油そのものが危険なのですから(´Д`。)


身近で精油を使うものの代表は「アロマセラピー」

人間にとってはリラックス効果が期待できる、
とっても心地よいものですがやはり要注意です。


特に柑橘系の香りは嫌がりますよね。


02

「猫と一緒に暮らしているが、どうしてもアロマがしたい!」

というあなたは、部屋を完全に分けて、
なおかつ換気をする方が無難だと思います。

それでも個人的には、あまりおすすめできません(´Д`。)



あと、ペット様に開発された「虫除け関連の商品」

これらの多くは、犬を対象に作られていて、
猫にとっては有害な場合も考えられます。。

商品の裏を見て、成分に「精油」と書いてあれば、
そのような商品は使わないようにしましょう!


何となく、知らずに使った商品のせいで、
可愛い猫にもしものことがあっては大変です。

間違いが起こらないように注意してくださいね(`・ω・´)ノ



以上、

「ハッカ油は猫に危険!」

というテーマでお届けしました!


とにかく万能だと思いがちなハッカ油。
猫にとっては本当に危険なものだったんですね。

調べてみないとわからないことってたくさんあります。

ハッカ油が流行っている今だからこそ、
広まってほしい知識だと感じました。


もし誰かとの会話でハッカ油の話題が出たら、
ぜひその人にも教えてあげてくださいね!


それでは、今回はこのあたりで。
ご訪問ありがとうございました。


猫、大好き。


スポンサードリンク