長きにわたりわたしの「あれば便利そうなんだけど、なくてもなんとかなるガジェットランキング」の上位に君臨していたBluetoothレシーバー(オーディオ用)。

延長コードを買ったりしながら頑張ってきましたが、このほどついにAUKEYさんの「BR-C13」をAmazonにて購入いたしました。

スポンサードリンク


せっかくなので簡単なレビューや買うに至った経緯などをつらつらと書いてみようかと思います(*´ε` *)

BR-C13は当たり。ざっくり簡単レビュー!


Amazonで安いBluetoothレシーバーを探していると、必ず目に飛び込んでくるBR-C13。デザインも良く、性能も申し分なさそうなのに1700円程度と驚きの低価格です。



しかし、価格が低いこととレビューのどっちつかずな印象のおかげで、ちょっと不安になってしまう商品でもあります。

しかし、わたしは声を大にして言いたい。

BR-C13は当たりです。

声がでないので文字を大にしてみましたが、よくある安かろう悪かろうのガジェットとは全く違います。安くても良い商品はちゃんとあるのです。

どのへんが当たりなのかということを以下にまとめておきますね!いずれも3カ月くらい使ってみた感想です。
● 音の劣化を感じない

無線で音を飛ばすので多少の劣化は覚悟していましたが、わたしの使っている環境ではほとんど感じませんでした。古いヘッドホン、コンポともに全く問題ありません。

● 途切れにくい

わたしはBR-C13の他にも安いBluetoothのヘッドセットを使っているんですが、こいつはちょっと人の多いところにいくとすぐ途切れるんです。

しかし、BR-C13は違いました。つけたまま街中を移動していますが、今まで一度も途切れたことがありません

大都会ではどうかわかりませんが、並都会であれば問題なく使えるのではないかと思います。

● 曲戻しができる

地味ですが、曲戻しは非常にありがたい機能です。あって損はなし。

● 質感が良い

商品画像の見た目通りマットな質感で、さわり心地もサラサラしています。他の商品はけっこうテカテカだったりするので、マット好きにはオススメできるポイントと言えます。

はい、ざっくりですがこんな感じです。BR-C13は低価格ながらBluetoothレシーバーとしての役割は十二分に果たしてくれています。


さて、続いては悪いところというかちょっと気になった点について書いておきましょう。ちなみに、わたしが気になったのは一点だけです。
● クリップが弱い

もうAmazonのレビューで散々書かれていることなんですが、裏面クリップは挟む力がかなり弱いです。

身近なもので例えると、ボールペンのクリップくらいの強さです。しかも、クリップのリーチが短いのでコートなどに横向きに止めようものなら、ちょっとした衝撃でパチン!と外れてしまいます。

なので、クリップを使う時はできるだけ縦に取り付ける必要があります。

補足!弱いからといってクリップがグラグラしているようなことはありません。製品自体はしっかり作られているのでご安心ください。

また、普通に使っていればすぐに壊れるような感じでもありませんので、もしクリップがすぐに取れてしまった場合は単なる初期不良だと思います。