潮干狩りについて調べていると、「貝毒」という言葉が度々登場します。普段はあまり聞き慣れない言葉ですが、潮干狩りとは非常に関係の深いものです。そこまで詳しく知らなくても潮干狩りはできますが、貝毒がどんなものかくらいは知っておいて損はないかと思います。

ということで今回は、「潮干狩りと貝毒の関係・2018年の注意喚起の確認方法」について簡単におまとめいたします!

スポンサードリンク


貝毒は必ず毎年発生するものではありません。さらに、年によって発生の時期も地域も異なります。なので、潮干狩りに行く時は、事前に2018年の貝毒情報を確認しましょう(`・ω・´)ゞ 

そもそも貝毒ってどんなもの?



まずは貝毒そのものについて簡単にお伝えしておきますね。

海にはプランクトンが多くいるのはご存知かと思います。プランクトンは貝のエサになるので増えること自体は悪いことではありません。ただし、プランクトンの中にはやっかいなのもいて、なんと毒を持っているやつもいるんです。

その毒を持ったプランクトンを貝が食べることによって、もともとは無害だった貝が「体内に毒をもった貝へ」と変身してしまうのです。これを貝毒と呼んでいます。

潮干狩りシーズンである4月~5月は海水温が上がり、プランクトンが発生しやすい時期なので、特に注意が必要と言われています。2017年は愛知県や大阪府で貝毒が発生していました。

貝毒を食べるとどうなる?


貝毒には数種類ありますが、潮干狩りと関係が深いのは「麻痺性貝毒」「下痢性貝毒」の2種類です。これらの毒を持った貝を食べると、体が麻痺や下痢などの症状が起こります。さらっと書きましたが、特に麻痺性貝毒による麻痺は強烈で、呼吸に必要な筋肉が麻痺すると最悪の事態も考えられますので軽く考えてはいけません。

さらに厄介なのが、この貝毒は熱を加えても分解されないことです。文字通り、煮ても焼いても食えません。つまり、貝毒から身を守る方法は、「発生情報(注意喚起)を確認して絶対に食べない」ことしかないのです。

なので、何も考えずに適当に海岸で採った貝を食べるのは止めておきましょうヽ(´□`。)ノ

確認していれば基本的には安心


こんなことばっかり読んでいると、何だか潮干狩りに行くのがおそろしくなってきそうですが、ご安心ください。日本では各自治体がしっかりと貝毒と有毒プランクトンの発生を見張ってくれています。

もし貝毒が発生した場合は、即座に注意喚起を行われ、貝毒が検出された貝は出荷停止となります。ですので、お店で売られている貝にまで気を付ける必要はありません。それと同時にその地域の潮干狩り場もお休みとなります。

次の項では、この貝毒の最新情報の確認方法についてお伝えいたします!

スポンサードリンク

最新(2018年)の貝毒情報を確認する方法!


最新の貝毒情報を確認するには、2つの方法があります。

簡単なのは先程お伝えした通り、潮干狩り場が営業しているかを確認することです。潮見表では営業しているはずの潮干狩り場がお休みになるということは、かなりの悪天候以外ではそうそうあるものではありません。なので、気になる場合は出かける前に直接確認してみるとよいでしょう。

電話するのが面倒くさい、もしくはもっと詳しい情報がほしいという場合は、各自治体(県や市)のホームページから貝毒情報を確認することができます。お目当ての潮干狩り場がある自治体のホームページを確認してみましょう。

潮干狩りのメッカである千葉県の場合はこんな感じです。

千葉県の貝毒検査・原因プランクトン調査結果


このように有毒プランクトンと貝そのものの検査結果をわかりやすく公表してくれています。ここで検出なし、もしくは基準値以下ということが確認できれば問題ありません

せっかくなので他の県の貝毒情報ページもいくつかリンクしておきますね。2018年の情報は3月あたりには更新されるかと思います。この他では「○○県 貝毒情報」と検索すればだいたい上の方にでてきます(´・∀・)ノ゚

茨城県HP / 愛知県HP / 大阪府HP / 兵庫県HP / 佐賀県HP

まとめ


おつかれさまでした!潮干狩りに関する貝毒については、これくらいの知識があれば十分ではないかと思います。書いてるわたし自身もこんなものです。

今回の要点をまとめておくと、
  • 潮干狩りシーズンは有毒プランクトンが増える時期でもある
  • 麻痺性貝毒は特に危険なので軽く考えてはいけない
  • 貝毒は加熱しても分解されないので食べないことが最重要
  • お店で売られている貝は検査済みなので安心して食べられる
  • 貝毒が発生した場合は潮干狩り場がお休みになる
  • その年の貝毒情報は各自治体から情報発信される
  • こんな感じになりますね。もうすっかりあたまに入ったのではないかと思います。貝毒は甘くみてはいけませんが、最新の情報をしっかり確認しておけば必要以上におそれることはありません。

    繰り返しになりますが、お出かけの前にはちょこっと2018年の貝毒情報を調べていただいて、思いっきり潮干狩りを楽しんでください(*・∀-)☆


    スポンサードリンク