敬老の日の定番と言えば「手作りカード」

プレゼントに添えるものも良いですし、
それ単体でも喜んでもらえる贈り物です♪

今回は、お子さんとお母さんで作る、

「開いてビックリ!手作りメッセージカード」

の作り方をご紹介いたしましょう(´・∀・)ノ゚

まずは、立体的なしかけが面白い、
飛び出すカードのから見ていきましょう♪


スポンサードリンク

喜び&驚き!お花が飛び出すメッセージカード♪


画用紙を切って貼ってメッセージを書くだけ。

これだけの工程なのにしっかり、
お花が飛び出してくれるんですヽ(゚Д゚*)ノ

しくみがものすごくシンプルなので、
小さいお子さんでも簡単手作りできちゃいます♪


作り方はこちらの動画をご覧ください!





ね、ものすごく簡単でしょ^^

材料をまとめておきますね(´・∀・)ノ゚
  • 色画用紙
  • お皿のような丸いもの
  • 鉛筆
  • はさみ
  • のり
  • 画用紙さえあれば、すぐ出来そうですね!


    上手く作るコツはとにかく丁寧に作ること。
    難しいところがないので、これに尽きます!

    色画用紙を折るときは、端っこをぴったり合わせる。
    切るときは、綺麗な円を描いて、その通りに切る。

    このあたりをゆっくり丁寧にしていけば、
    誰が作ってもキレイな手作りカードが完成します!


    キレイなお花が作れるか心配な場合は、
    事前に折り紙などで練習してみてください。

    それから、画用紙は他の色でも良いと思います。
    可愛い色の組み合わせを考えてみるのもアリですねヽ(*´∀`)ノ

    可愛い封筒に入れてあげれば、さらに素敵になりますよ!

    手先が器用な子供向け!紙刺繍のメッセージカード♪


    続いては、ちょっと上級な手作りカード。
    何といっても紙に刺繍を入れちゃうんですから!

    これは、パット見た目から手作り感がすごいです。

    一針一針心を込めて縫うという、
    敬老の日にぴったりの贈り物ですね(●´艸`)


    まずは、作り方動画を見てみましょう。





    いかがでしょう、思ったより簡単でしたか?

    用意する材料は、
  • 色画用紙
  • 針、糸
  • 鉛筆
  • はさみ
  • のり
  • の5つになります(´・∀・)ノ゚


    上手に作るコツは、均等に穴を開けることです。

    この作業は、お母さんも手伝ってあげてくださいね。
    ここがしっかり出来ていないと仕上がりに影響しますので。


    糸の色を変えたり、密度を出すと更に綺麗に仕上がります。
    ちょっとした一工夫で、仕上がりが全然変わりますよ♪

    肝心の刺繍の部分はお子さんに頑張ってもらいましょう。

    これもとにかくゆっくり丁寧にしていけば、
    すごくキレイに仕上がりますので(*・∀-)☆


    スポンサードリンク

    喜ばれる手作りメッセージカードのポイントは?


    やはりメッセージカードはメッセージが命
    ここが適当だとせっかくのカードが泣きます(´Д`。)

    ということで、喜ばれるメッセージのポイントを。


    03


    ・具体的な内容を書く

    「いつまでも元気でね!」は押しが弱いです。
    もっと具体的な内容、思い出について書きましょう!

    例えば、

    ” この前一緒に山に行って楽しかったね ”
    ” おばあちゃんが作る○○が大好物です ”

    といった感じです(σ^▽^)σ

    そう、場面をイメージ出来る内容を書けば、
    思い出の美しさがカードから溢れるのです♪


    ・家族全員のメッセージを書く

    あえて孫からのみというのもアリですが、
    特に決まっていないなら家族全員の言葉を。

    楽しい思い出は多い方が良いに決まってます^^
    書いた人の分だけ嬉しい気持ちは増えますので♪

    さらには、家族写真を縮小して貼るという大技も。
    カードを開けば家族の顔が見えるなんて素敵過ぎます。

    手間はかかりますが、きっと喜んでもらえますよ(●´▽`)



    以上、

    「敬老の日の手作りメッセージカード」

    についてお届けしました!


    敬老の日は他の記念日に比べて、
    手作りの贈り物が嬉しい日だと思います。

    買ったプレゼントも良いですが、
    ちょっと味気ない気がします。。


    今年の敬老の日には、手作りメッセージカードで、
    おじいちゃん、おばあちゃんに感動してもらいましょう。

    それでは、今回はこのあたりで。
    ご訪問ありがとうございましたヽ(*´∀`)ノ


    スポンサードリンク