春も終わり、日に日に暑くなってきました。
これからの季節で心配なのは「夏バテ」ですね。。

ところで、人間が暑さで夏バテするように、
ワンちゃんも夏バテするってご存知でしょうか?

特に心配な症状としては、嘔吐が挙げられます。。

そこで今回は、

「犬の夏バテ症状・嘔吐した時の対策」

というてテーマでお届けします!


スポンサードリンク



あなたのお家のワンちゃんに吐くような症状が
ある場合は、注意深く見てあげてくださいね(`・ω・´)ノ

まず、対処法から!嘔吐した時にあなたがすること。


犬が嘔吐するって、かなりビビリます。
可愛い愛犬ならなおのこと心配になりますよね。

しかし、ここは気持ちを落ち着かせて
症状をしっかりと把握してあげましょう。

01

そのために必要なことをまとめてみますね(`・ω・´)ノ


① 吐いたものの状態をよく観察する

問題は、「血」が混じっていないかです。

単純に夏バテからくる嘔吐の場合は、
直前に食べたものだけのはずです!

もし、血が混じっているような場合は、
他の病気の可能性がありますので、
すぐに獣医さんに連れて行きましょう。


② 吐いた後の様子をチェックする

吐いた後、すぐに元気になるようであれば、
消化器官が弱っているのが原因かと思います。

この場合、それほど心配することはありません。

胃腸に負担の少ない食べ物にすれば、
次第に症状も回復していくことでしょう。


このあたりは、人間の夏バテと同じですね(´・∀・)ノ゚


もし元気がなく、ぐったりしている場合は、
しばらく絶食させる方が良いと言われています。

この場合も獣医さんに相談する方がより確実です。


脱水症状が気になる場合は、
小さな氷をあげてみてください。

たくさん与えると、逆効果ですので、
少しづつ様子を見ながらにしてくださいね!


はい、まずはこの2点をしっかりチェックです(`・ω・´)ゞ


言うまでもなく、犬は言葉が話せません。

飼い主であるあなたが、状態をよく観察して、
ワンちゃんの状態を判断してあげてくださいね!

とにかく、よくわからない時は自己判断せず、
お近くの獣医さんに連れて行ってあげましょう。


スポンサードリンク

犬が夏バテを起こす原因は?対策もしっかりチェック。


夏バテの原因については人間と大差ありません。

犬の方が毛があるので、熱がたまりやすく、
その影響で体調を崩しやすいというくらいです!

02

ですが、もともと毛がるのですから、
その点については犬も慣れているはず。

問題は環境の方が急激に変化することですね!

室内で飼っている場合は、「エアコン」
室外で買っている場合は、「直射日光」

このあたりが主な原因と考えて良いでしょう(´Д`。)
ほんと、人間とかわりませんね。

エアコンは26℃~28℃くらいが良いでしょう。

あなたが涼しいと感じる温度よりも、
少し高いくらいがベストでしょうか。


直射日光対策は、とにかく日陰を作ることです。

あなたのお家で日陰になりやすいところを探し、
そこの犬小屋を移動してあげるのも良いでしょう。

あとは、こまめな水分補給が大切です。

生き物は水分が不足すると、とたんに弱ります。
水を切らさないよいに注意してあげてください!



以上、

「犬が夏バテで嘔吐した時の対処方」

にいてでした!


ワンちゃんを飼い始めた初めての夏は、
飼い主もまだまだ飼い慣れていません。

嘔吐した時はさぞ驚くでしょうが、
落ち着いて行動してくださいね(´・∀・)ノ゚


それでは今回は、このあたりで。
あなたのも夏バテにお気をつけください^^


スポンサードリンク