お花見をつつがなく成功させるには下準備がかなり重要。とくに持ち物に関しては、念には念を入れるくらいでちょうど良いかと思います。いざお花見会場についてから「あれがないこれがない」ではせっかくのお花見が台無しですからね。

ということで今回は、「お花見の持ち物」について詳しくまとめてみました!

スポンサードリンク


まずはお花見に欠かせない必需品を、その後にあれば便利なものをざざ~っと書き出してみました。あなたの状況に合わせて参考にしてみてくださいね(*・∀-)☆

※ お弁当や飲み物については忘れないと思いますので、今回は割愛いたしますm(__)m

お花見で忘れちゃいけない持ち物まとめ!



● レジャーシート(ブルーシート)

これがないと始まらないのがレジャーシート。ある程度人数がいる場合は大きめのブルーシートが必要ですね。シートだけではちょっとお尻が痛いかもしれませんので、下にダンボールなどを敷くことをおすすめしております。

● ダンボール

先程お伝えしたとおり、レジャーシートの下に敷いて使います。ダンボールはクッション性だけでなく、断熱性にも優れているので、地面に体温を奪われるのを防ぐというステキな効果もあります。

持って歩くとちょっとかっこ悪いのと、かさばるのがネックですが、快適なお花見にするためには重要なアイテムと言えます。ぜひともダンボールを。

● ごみ袋

お花見のマナーとして、自分たちで出したごみは持ち帰るのがルールです。また、急な雨の時にレインコートとして使うという離れ技もありますので、ちょっと多めに持っていくことをおすすめします。

● 布テープ

大きいのごみをまとめる、シートを地面に貼り付ける、使い終わったブルーシートをたたんで小さくまとめる…などなど布テープの便利さは尋常ではありません。とりあえず、カバンの中に忍ばせておきましょう。

● ティッシュ(ウェットティッシュ)

「普通のティッシュ」「ウェットティッシュ」どちらも必要です。見た目を気にしないのであれば、トイレットペーパーという手もありますが、水を吸うと溶けてしまうのが難点。省スペースという点ではアリでしょう。

● 油性ペン

全員が同じ紙コップを使っていると、そのうちどれが誰のものかわからなくなることもありますよね。なので、最初から油性ペンで名前を書いておきましょう。別に水性でも良いのですが、何となく油性の方が便利かなと思いまして。おうちにあるペンで十分です。

● 割り箸・紙コップ・紙皿

人数が急に増えるかもしれませんし、風で飛ばされて足りなくなる可能性もあります。これらは人数分よりも多めに持っていくことをおすすめします。

● 軍手

意外と忘れられがちなのが軍手さんですが、人数の多い盛大なお花見の時には必須アイテムです。汚れたダンボールを片付けたり、大量のごみをまとめたり…出番はいくらでもありますよ!

● カイロ

お花見をする時期はまだまだ寒いですので、個人的にカイロは必需品だと思っています。昼間は暖かくても夕方から一気に冷えてくるかもしれませんので、最低でも人数分くらいは用意しておきましょう。

● 新聞紙

お尻の下に敷いたり、雑巾の代わりにしたり、使い方はあなた次第です。新聞紙もかなり汎用性の高いアイテムなので、必需品コーナーに入れておきましょう。


わたしはわりと心配性なので、最低限のつもりがちょっと多くなってしまったかもしれません。しかし、これだけ持っていけばとりあえずそんなに困ることはないでしょう。備えあれば憂い無しです(●´∀`)ノ

スポンサードリンク


さらに快適に!あれば便利な持ち物まとめ!


● 雨具

ごみ袋をかぶるのが嫌なら、レインコートや折りたたみ傘を持っていきましょう。

● 小銭

お花見あるあるの中に「近くの自動販売機の釣り銭切れ」というのがあります。考えることはみんな同じです。お釣りがでないよう小銭を用意しておくと便利です。

● 保冷剤・保冷バッグ(クーラーボックス)

長時間のお花見で活躍しまくるアイテムです。ぬるくなったビールを飲みながら桜を見てもあまりうれしくありませんからね。いつでも冷えた飲み物を飲めるようにしておきたいものです。

● 折りたたみイス

長時間地面に座っているのはなかなか大変なもの。そんな時腰掛けられるイスがあればうれしいですよね。最近では100均でも売られているので、コストもあまりかかりません。

100均で買える便利グッズについてはこちらの記事でまとめております(●´∀`)ノ

参考記事:お花見で大活躍!100均で買える便利グッズ20選!

● 折りたたみテーブル

地面は結構デコボコだったりするので、小さくてもテーブルがあれば重宝します。あれば便利なものコーナーにいますが、個人的には必需品コーナーに昇格しそうなアイテムと言えます。快適なお花見を目指すならぜひ。

● マスク

お花見の季節はわりと風が強いことが多いものです。砂ぼこりがバンバン飛んでくることもしばしば。そんな時のためにマスクを用意しておくと、口の中がジャリジャリにならなくてすみます。花粉症対策にも。

● 懐中電灯

昼間は必要ないですが、夜のお花見にはマストです。わたしのおすすめは「球ランタン」。こんなのです。



懐中電灯代わりにもなりますし、台がついているので地面に置いてランタンとしても使えます。球ランタンの良いところは灯りが優しいところ。非常にやわらかい光ですので、LEDと言っても雰囲気を壊すこともありません。わたしの愛用品です。

● 携帯クッション

ダンボールが嫌だという場合は、ホームセンターや100均で売られている携帯クッションがおすすめです。かさばりませんし、あって損はないでしょう。

● モバイルバッテバッテリー・充電ケーブル

お花見ですから写真も撮りまくるでしょうし、音楽をかけっぱなしにするかもしれません。電池ゼロを防ぐためにもモバイルバッテリーはいくつか用意しておくと便利です。充電ケーブル忘れ・モバイルバッテリーの充電忘れにはご注意を。

● 調味料

塩・しょうゆ・ソース・ケチャップ・マヨネーズ。ミニサイズのものをそろえておくと何かと便利です。

● 日傘・紫外線対策グッズ

この時期は紫外線も強いんです。気になる場合は、紫外線対策グッズを。

● 栓抜き・缶切り

可能性は低いですが、ひょっとしたら役に立つかもしれません。

● アウター・防寒具

カイロのところでもお伝えしましたが、3月~4月の上旬はまだまだ寒い日が多いですので、ぱっと羽織れるアウターがあると重宝します。ひざ掛けやブランケットなどを用意しておくのもおすすめです。

● バスタオル

シートの上に飲み物をこぼした時などには大活躍します。念のために。

● 流せるポケットティッシュ

さっきトイレットペーパーは出てきましたが、こちらは女性用。近くのトイレにトイレットペーパーを持って入る勇気ある女性はそうそういないでしょう。なので、流せるポケットティッシュが必要かと。

子連れのお花見に便利な持ち物まとめ!



これら以外にも、小さな子供をいっしょに連れていく場合には以下のようなものも必要になってくるかと思います(`・ω・´)ノ

● おむつ交換セット

あえて書くまでもありませんが、これを忘れたら大変。お花見を抜けてドラッグストアに走らなければなりません。紙おむつ・おしり拭きは必須です

● お手口拭き

普通のウェットティッシュが使えない時期には必需品です。

● 小型の折りたたみテント

お花見の場合、どこでおむつを交換するかが問題です。ご飯を食べているすぐ横でかえるのもちょっと気が引けますよね。そんな時小さなテントがあれば誰にも気兼ねなくおむつを交換できます。ホームセンターに行けば安く購入できますので、ひとつ用意しておくと便利でしょう。

● 固まるタイプの携帯トイレ

もう少し大きな子供を連れていく場合は念のために携帯トイレがあると便利です。近くにトイレがあっても、混み合っていて間に合わない可能性もありますので。人が集まる人気スポットに行く場合にはぜひ。

● ばんそうこう

子供にはしゃぐなという方が無理です。いつどこで転んで擦り傷を作ってくるかわかりません。とりあえず、絆創膏くらいは持っていきましょう。

● 着替え

これまたどこでどのように汚してくるかわかりません。食べ物を盛大にこぼして汚れてしまうこともあるかもしれませんので、予備の着替えを用意しておきましょう。

● お気に入りのおもちゃ

お花見が長引くと子供が飽きてぐずりだすかもしれません。退屈しのぎにお気に入りのおもちゃを持っていきましょう。

● 母子手帳・保険証・乳幼児医療証(こども医療証)

何かあってもすぐ病院に行けるように必ず持っていきましょう。母子手帳ケースにまとめておくと良いですね。

● ベビーカー

持ち物と言えるかというと微妙ですが、ベビーカーはあるとかなり便利です。子供だけではなく荷物を運ぶカートとしても大活躍。かさばるからどうしようと迷っているなら持っていくことをおすすめします!

ひとこと。


おつかれさまでした~!こうして並べてみると、お花見の持ち物って結構多いですよね。もちろん全部を持っていくのは大変ですので、上から順番に見ていって、必要なものだけをスマホでリスト化しておくと良いでしょう。

事前にしっかり準備して、お花見を思いっきり楽しんでくださいヽ(*´∀`)ノ


スポンサードリンク