お家で作るお好み焼きあるあるとして定番なのが、「お好み焼きソース切れ」です。この記事を読んでくれているということは、あなたも今まさにそういう状況なのかも知れませんね。

大丈夫、ご安心ください。いつもの調味料や冷蔵庫の中のものを使えば、ソースに変わる新しい味を簡単に作ることが出来ます!しかもこれがお好み焼きと合うんですよね(●´Д`●)

ということで今回は、「お好み焼きソースの代わりになる食べ方」についてさくっとおまとめしてみました!どれも手軽に代用できるものばかりですので、お家にある材料に合わせてお試しください(´・∀・)ノ゚

スポンサードリンク

お好み焼きソースの代わりになる味とは!?


【こってり系】
・代用お好み焼きソース

お好み焼きソースの代わりというか、似た味が作りたいという場合は、ウスターソースとケチャップを混ぜればそれっぽい味になります。分量は、ウスターソース2に対しケチャップ1です。ウスターの代わりにとんかつソースを使う場合は、1:1の割合にすればOK。

・照り焼きソース

照り焼きバーガーのあの甘いソースです。醤油2:酒2:砂糖1の割合で合わせて、ひと煮立ちさせます。お好みでみりんを入れても良いでしょう。仕上げにマヨをのせれば完成です(●´▽`)

・ガーリックソース

上の照り焼きソースににんにくオイスターソースを加えれば、これまた違った味に変化します。かなり濃厚なお味ですので、お好み焼きソースに引けを取りません!

・醤油マヨ

醤油とマヨを混ぜるだけ。分量はあなたのお好み次第です。仕上げに一味や七味をパラっとすれば良いアクセントになりますよ(*・∀-)☆

・ゴマドレッシング

意外にもお好み焼きと相性の良いゴマドレ。しっかりした味ながら、酸味があるので後味はさっぱり。お肉、海鮮どちらの具材にもOKです!

・焼肉のタレ

説明不要。焼肉のタレは万能でござます

他には、「デミグラスソース」や「田楽味噌」をかけて食べるという口コミも見かけました。もし、お家にあればお試しください!


スポンサードリンク


【あっさり系】

・醤油

ソースの代わりの代表格と言えば醤油です。塗って焼いた時のあの香ばしい香りはたまりません。ちょっとおやつっぽくなりますが、砂糖を加えて砂糖醤油で食べるのもありでしょう(●´∀`)ノ

・ポン酢

これもファンの多い食べ方。海鮮にも会いますが、個人的には豚バラなどのお肉系におすすめしたいですね。よりお肉らしい味がします。

・塩バター

お好み焼きをバターで焼いて、塩をかけていただきます。ソースなどに比べ、生地や具材の味をダイレクトに楽しめるのが特徴。バターの代わりにオリーブオイルなんかも良いですね。

・ごま油

チヂミ感覚です。塩や醤油にプラスしても良いでしょう(`・ω・´)ノ

ソース以外でおすすめな食べ方は?


何かをつけて食べる以外なら、おだしにひたして食べるというのがダントツにおすすめ。たこ焼きをおだしで食べる「明石焼き」のお好み焼きバージョンというわけですね(*´ε` *)

だしをとるのが難しいと感じるかもしれませんが、市販されている「白だし」を使えば余裕です。しかも、白だしにはある程度味がついていますので、本当に薄めるだけで十分です。そこに小口ネギを少々散らせば文句なしですね。

ちなみにわたしが使っているのは、ヤマキの「割烹白だし」。いくつか使ってみましたが、このの白だしが一番美味しく感じました。

あと、この食べ方のメリットは、時間がたって冷めてしまったお好み焼きでも美味しく食べられるところ。おだしにひたしてふやかしてしまえば、冷めていてもあまり関係ないですからね。ほんと、かなりおすすめです(σ^▽^)σ

ひとこと


以上、「お好み焼きをソース以外で食べる方法」についてお伝えしました。お好み焼き=ソースという概念さえ外してしまえば、結構なんだって美味しく食べられるものですね♪

ソース切れ以外でも、あえて違った食べ方をしてみるのはとても面白い趣向だと思います。ソースがない時はそれをチャンスだと思って、お家にあるものを色々試してみてくださいね!あっと驚くような味に出会えるかも知れませんよ(●´艸`)


スポンサードリンク