腸内フローラのの善玉菌を増やすには、乳酸菌の力を借りるのがおすすめ。で、身近な食品で乳酸菌といえば、やっぱり「ヨーグルト」でしょう。

ただ、一口にヨーグルトと言っても、最近ではかなりたくさんの種類が販売されていて、一体どれを選べば良いか迷ってしまいます。

それに、食べる量やタイミングなど、実際ヨーグルト腸活を始めようとすると色々と疑問が出てきますよね。

スポンサードリンク


そこで今回は、「ヨーグルト × 腸内フローラ(善玉菌の増やし方)」における様々な疑問についてリサーチしてみました。

できるだけ簡単にまとめておりますので、ぜひお買い物前の参考にしてみてください!


ヤクルト腸活についての記事も書いてみました!良ければ合わせてお読みください^^

⇒ 「ヤクルト菌で腸内フローラの環境を整えよう!」

どのヨーグルトを選べば良いの?


まずは、この素朴にして最大級の疑問からいきましょう。

結論からお伝えすると、どの製品が良いかというのは、残念ながら一概には言えません。その理由は…
  • ヨーグルトによって入っている乳酸菌(ビフィズス菌)が違う
  • どの乳酸菌があなたの身体に合っているかわからない
  • というところにあります。

    ですので、気になるヨーグルトを食べてみて、あなたの身体にどう影響が出るかを試してみないとわからないわけです。試してみた結果、お通じが良くなったり、便の匂いが軽減されたなどの改善があれば、それがあなたの身体に合っているヨーグルトということになります。

    そんなこと言われてもどれを選んで良いか決められない!というあなたは、とりあえず、「特定保健用食品」のマークがあるヨーグルトから試してみてはいかがでしょうか。

    ご存知かとは思いますが、このトクホマークのある食品というのは、健康消費者庁長官の許可を受けているということであり、科学的に効果があると国から認められているということなのです。

    これだけでも試してみる価値は十分あると思いますよ^^

    腸内フローラ 増やし方 ヨーグルト
    それから、もうひとつ。

    製品のパッケージに「プロバイオティクス」とか「生きたまま腸に届く」的なことが書いてあるヨーグルトもおすすめです。

    通常ヨーグルトの乳酸菌は、製品によっては腸に届く前に胃で殺菌されてしまう場合が多々あります(殺菌されていても乳酸菌のエサにはなりますので、悪いわけではありません)。

    ですが、これらの製品は文字通り生きたままの状態で菌が腸に届きますので、そこで善玉菌として活動してくれるというヨーグルトなのです。腸内フローラの善玉菌にとっては嬉しい援軍というところでしょう^^

    どのヨーグルトを選んで良いか迷ってしまったら、とりあえず上記の2点を判断材料にして、はじめの一歩を踏み出してみてください!

    どのくらいの量を食べれば良いの?


    これは結構明確です。

    一度に100グラム~200グラムを目安にしてみてください。

    これくらいの量を食べなければ、ヨーグルトに入っている菌の数が少な過ぎて、腸内フローラの環境改善には効果が薄いというのがその理由です。

    ここで注意が必要なのは、カロリー。加糖タイプのヨーグルトはそれなりにカロリーがありますので、食べ過ぎは当然良くありません。太るのが気になる場合は、出来るだけプレーンタイプのヨーグルトを選んでみてください。

    いつ食べれば良いの?


    腸内フローラの善玉菌を増やすという観点から考えると、ヨーグルトは夕食を食べている間か夕食後に食べるというのがベターだと言えます。

    もちろんこれも以下のような理由があります。

    ・他の食べ物が入っているので、胃酸が薄まっている

    先程のお伝えした通り、普通の乳酸菌は強い胃酸の中に入るとその殆どが死滅してしまいます。プロバイオティクスのような胃酸に強い菌ですら、無敵状態で通り抜けられるというわけではありません。

    ですので、他の食物で胃酸が薄まっている時がチャンスなのです。

    ・夜は腸の活動が活発になるから

    諸説ありますが、腸という器官は、夜に分泌される成長ホルモンや副交換神経(リラックス)の影響で、お昼間より夜の方が活発に働くと言われています。

    なので、その活発に働くタイミングに合わせて、乳酸菌の援軍を送り込むのです。せっかく食べるなら、少しでも整腸効果の高い夜に食べる方がおすすめです^^


    スポンサードリンク

    どのくらいで効果が出てくるの?


    もちろん人により効果を実感できるようになるまでの期間は異なりますが、大体2週間くらいを目安にしておくと良いでしょう。

    便の状態が良くなった、おならの臭いが気にならなくなった、お腹まわりがスリムになったなど、何かしらの変化が出て来るのがこのくらいの時期ということですね。

    ただし、それは食べているヨーグルトがあなたに合っていた場合のお話。もし何も変化がないようであれば、食べているヨーグルトを変えてみるのことをおすすめします。

    大切なのは、最低でもこのくらいは続けないとダメだということを理解することだと思います。食べてすぐ「効果がない」とやめてしまっては、もったいないですよ!

    少しでも効果を上げる方法は?


    腸内フローラの善玉菌を増やすには、善玉菌にとって住み良い環境を整えることが大切です。その方法のひとつが、ヨーグルトなどを食べて外部から乳酸菌の援軍を送り込むことなんですね。

    さらに善玉菌にとって嬉しいプレゼントをするとすれば、「オリゴ糖」「食物繊維」が良いでしょう。これらは、腸内に住む善玉菌のエサになります。

    オリゴ糖はスーパーなどでも普通に売られていますし、食物繊維はヨーグルトと一緒に果物(バナナがおすすめ)を食べれば簡単に摂取できます。

    ちなみにオリゴ糖には液体のものと顆粒のものがありますが、ヨーグルトの場合は溶けやすさを考えて液体のものをおすすめします。顆粒のオリゴ糖が溶け残るとちょっと粉っぽいような食感になりますのでご注意ください。

    ということで、「ヨーグルト」+「オリゴ糖」+「食物繊維(果物)」をぜひお試しください!

    まとめ


    最後に今回の記事の要点をまとめておきましょう。
  • ヨーグルトは色々試して自分に合うものを探す

  • 一度の食べる量は100~200グラムが目安

  • 食べるタイミングは夕食の間か夕食後がベター

  • 効果が実感できるのは2週間くらいが目安

  • オリゴ糖と食物繊維を一緒に食べると効果的
  • 最低限これくらいの知識があれば、ヨーグルト腸活を気軽に始めることができるのではないでしょうか。何事もそうですが、継続は力なりですので、根気よく続けてみてくださいね^^

    ヨーグルト以外で腸内フローラの環境を整える方法についても、また調べてみますので、また覗いてみてくださいね。それでは、良い腸活を!


    スポンサードリンク