お正月はゆっくり出来て良いんですが、ゆっくりし過ぎていると「正月太り」という恐ろしい、かつ当たり前の事態になってしまします。

それでも毎年「正月太り」について検索されているので、やはりこれはある種仕方のないことなのかも知れません。

ただ、正月太りは仕方がないと受け入れてしまうのもなんですので、その原因と対策、そして解消法についてまとめてまみした(´・∀・)ノ゚

理屈さえ理解していれば、正月太りはこわくありませんよ!


スポンサードリンク

正月太りの原因は何か?


正月太り 原因

言うまでもないですが、
  • 食べ過ぎ(特にお餅)

  • 運動不足

  • 便秘
  • の3つが主たる原因ではないでしょうか。


    便秘は太ったとは言わないかもしれませんが、体重が増加するという点で原因のひとつと数えさせていただきました。


    さて、正月太りは正月が来る前から始まっています。


    みんな大好き忘年会で飲み食いし、ご飯の後に年越しそばを食べ、年が開ければ寝正月に新年会。

    摂取カロリーは増え、運動量は減り、代謝も下がっているというわけですね。


    さらに、お正月の食べ物にはお餅などの炭水化物が多く含まれているので、お世辞にも消化の良いものばかりとは言えません。

    さらに運動不足により代謝が落ちるので、人によっては身体がむくんでしまうかもしれません。


    こんなことをしていたら、正月でなくともどんどん太ります。


    なので、正月太りは特別なものではなく、ただの不摂生の結果です。


    つまり正月太りの原因は、年末から年始にかけての生活態度にあるということですね(´・∀・)ノ゚


    このことから「対策」と呼べるものは、
  • 食べ過ぎない

  • 適度な運動をする

  • 食物繊維を摂る
  • という3点になるのではないでしょうか。


    わたしが個人的に対策としているのは、「カロリミット」

    気休め程度ですが、ちょっとだけ太りにくいような気がします。あくまでも個人的な意見ですので、参考程度にしてください(*・∀-)☆


    スポンサードリンク

    正月太りの解消法は?


    「そんなこと言っても、もう正月太りしちゃったんだよ!」という場合もあるでしょう。お餅、美味しいですからね。


    正月太りというのは、言っても1ヶ月程度で増加した体重ですから、比較的簡単に落とす事ができるのではないかと考えます。

    本格的に身体についてしまった脂肪に比べれば、余裕でしょう。


    わたしが思う解消法は…
  • 炭水化物や油物を控える

  • 有酸素運動をする

  • 食物繊維を摂る
  • の3点です。


    はい、対策と一緒です(´ー`A;)


    冒頭でも書いた通り、当たり前のことばかりで恐縮なのですが、普段の生活+ちょっとした心がけで元に戻っていくと思うからです。


    お餅などでお通じが悪く、便秘っぽくなってしまった場合は、食物繊維をたくさん摂取するのが良いでしょう。

    便秘の解消法としては、「オールブラン」を強くおすすめします。わたしは牛乳では食べにくかったので、「麦芽コーヒー」で食べています。

    わたしの場合は、3日後にはするっとお通じがきます。あくまでも個人的な感想ですが、かなり効果があると思いますよ♪


    カロリー摂取を抑えて、カロリーを消費して、排出を促す。


    要するに、正月太りの逆をするということですねヾ(´∀`○)ノ

    まとめ


    以上、「正月太りの原因と対策」についてお届けしました。


    これくらい理解しておけば、お餅を食べても、寝正月をしても大丈夫でしょう。食べる量を考えて、寝正月した分だけ運動すれば良いのですから。

    全体としてバランスの取れた生活をしていれば、正月太りを心配する必要はありません(●´∀`)ノ


    ということで、お正月を思いっきり楽しみましょう♪


    スポンサードリンク