ここ最近は、「年越しそば」のことばかり調べていたので、今回はちょっとだけテーマをずらして書いてみようと思います(●´∀`)ノ

ということで今回は、「年越しうどん」について。

年越しそばを調べている時に気になっていた、香川県の人が食べているという年越しうどん。「年越しそば」と「年越しうどん」では一体何が違うのか?どういった意味や由来があるのか?について調べてみました!


スポンサードリンク



ちなみに香川県には「年越しうどん」なるものまでありました。

いやぁ、さすがですな(´ー`A;)

香川では「年越しうどん」が普通なの?


普通かどうかというレベルで言うと、まぁ普通なようです(´・∀・)ノ゚

ただし、「全員が年越しはうどんだ!」と言うわけでもないみたいなんですね。もちろんそばを食べたら周りから白い目で見られるなんてこともありません。

01

わたしもこの記事を書くまでは、そばをほとんど食べないような印象を持っていましたが、それはただの思い込みでしかありませんでした。すみません。

香川でもそば専門店はありますし、年越しはそば派の人もちゃんといらっしゃいます!!


さて、話を年越しうどんに戻しましょう。


年越しうどんを食べる意味や由来についてはいたってシンプル。

うどんの見た目から、「太く長く幸せに」を願って大晦日にうどんを食べるのだそうです。

年越しそばの「細く長く」と似たような意味が込められていたんですね。まぁ、そうだろうとは思っていましたが。


沖縄では年越しそばが沖縄そばになるように、やはり地元名産の麺類を食べるといのは、気持ち的に落ち着くのかも知れませんね(*・∀-)☆


スポンサードリンク

香川では「年明けうどん」なるものまで。


冒頭で触れた通り、香川のさぬきうどん協議会によると、年越しうどんとは別に「年明けうどん」というのが存在しているようです。

年越しうどんについては、年越しそばの代わりというか「定義的」なものはあまりないような感じでしたが、年明けうどんの具についてはちょっとした決まりがありました。


年越しうどんには、「紅色」をした食材をトッピングするのが定番ななのだそうです。

「さくらえびのかき揚げ」「梅干し」「人参のかき揚げ」「カニカマ」

などがそれらにあたるようです!

02

これは、うどんの「白」とトッピングの「紅」で「紅白」となり、縁起が良いという理由から来ているとのことでした。

変わったところでは、「明太子」「トマト」なんてのもあるみたいですよぉヽ(゚Д゚*)ノ


ちなみに最近では、年越しはにそばを、年明けにはうどんをという具合に、「食べ分るスタイル」も定番化しつつあるようです。

ひとこと


ここまで書いておいてなんですが、いつの間にか年越しうどんよりも「年明けうどん」の記事になっていましたね…。

それにしても、地域によって風習というのはかなり違いがあるものなんですね、実際。


日本に住んでいてもまだまだ知らないことばかりだということに気付かされる毎日です。また面白いネタが見つかったら、記事にしてみますね~ヽ(*´∀`)ノ


スポンサードリンク